TOP

風俗に行った時の体験談を日記っぽく書いています。

仕事の後の楽しみは一つだけ

仕事の後に何をするのか。それはその日によっていろいろなんですけど、ただ楽しいって思えるのは一つなんですよ。風俗ですね。毎日のように行ける訳ではないからこそ、どうすべきなのかでいろいろと考慮しなければならないんですけど、行くと決めた日はとことん楽しむようにしていますね。自分の好みの子との時間も良いんですけど、それだけじゃないんです。むしろ自分の好みとは真逆の女の子を選んでみるのも良いんだなって思うようになりましたね。好みの女の子と自分の想像力の延長にある時間を楽しむのも良いんですけど、真逆の女の子と予想だにしない時間を楽しむのもそれはそれで本当に刺激的というか、本当に全然想定していないだけに、まるでびっくり箱を開けたかのような衝撃が待っているケースもありますしね。そんなことを考えると、風俗の楽しみっていうのは本当に無限大なんじゃないかなって思いますよね。しかもその選択肢も自分の自由に決められるんですから。

一歩目を踏み出した自分

遂に一歩目を踏み出しました。それまで実は風俗を利用したことがなかったんですよ。利用したいと思っていましたし、もちろん興味も多々ありました。でもなかなかきっかけがないのと、風俗街まで行ったけど結局決めきれずに帰って来たり…なんてケースもありましたけど、その日は意を決して風俗店に突入。実際に入ってみると割と普通というか、なんでそこまで力んだり警戒したりしていたんだろうって思うようなレベルですよね。そしていざ女の子と楽しんできたんですけど、快感に関しては自分の想像以上の世界が待っていたような気がしました。相手をしてくれたMちゃんも良かったのかもしれません。初めての風俗だって話したら物凄く丁寧に、そして親切にしてくれました。それだけでも男として嬉しいのは言うまでもありませんよね。がっつり楽しむことが出来たので、これからはもっともっといろんな形で風俗を楽しんでいければなって思っています。これはハマりますよ。